恥じかく前に印鑑のことを知っておこう!

印鑑search

印鑑豆知識

知っているようで、実はあまり知られていない印鑑の知識を色々と紹介していきますので、印鑑についてあまり興味が無いという人も、知っておいて損はないので見ておいて下さいね。

実印の変更について

あまり使うことのない実印と言いましても、やはり寿命というものがあります。印鑑は劣化してしまうと、印鑑にひびが入ったり、印鑑を推しづらくなったりと色々と問題が出てきてしまいます。そうならない為にも、古くなってきたなと感じたら、実印の登録変更を行うことをおすすめします。

実印の登録変更方法とは、まず、最寄りの役所へ行って印鑑登録廃止申請書を提出するところから始まります。その時に同時に新しい実印の登録を行った方が二度手間が掛からないので効果的です。尚、実印の変更というのは、特に決まり事などがないので、いつでも申請さえ出せば出来るようになっています。なので、古くなってきたと思ったら気軽に登録変更を行えば良いと思います。

実印を変更してしまったら前の実印で契約していたものなどにトラブルが発生しないかと考えている人もいるでしょうが、実印を変更したところで、何らかの形でトラブルが発生すると言うことは一切ありませんので安心して下さい。実印というのは、あくまでも個人の同一性を証明するものですから、本人が契約する意志があり、進んで契約したのなら、現在契約している内容、及び契約の効果が変わると言うことは無いのです。

印鑑の盗難、又は紛失した場合について

実印などの印鑑が紛失、又は何者かによって盗難、された場合は、まずしなければならないこととして、印鑑の効力を失わせると言うことを行わなければなりません。印鑑が無くなったことに気付いたら直ぐに最寄りの市町村役場に出向いてその旨を届けて、その後改印届というものを提出します。

これと同じように、銀行印が紛失、もしくは盗難にあった場合も同じです。直ぐに銀行に事故届けを提出しなければなりません。それと同時に改印届を提出し、無くなった印鑑での銀行取引をさせないようにしなければなりません。もしもその際に既に何かしら使用されていた形跡がある場合は直ちに知らせて貰えるようにしておきます。

警察の方にも紛失届、又は盗難届を出しておくことを忘れずに!

recommend